〒110-0005
上野中通商店街振興組合 ゐの市事務局
台東区上野4-6-7 白鳥舎ビル4F
TEL:03-3832-9312 FAX 03-3832-8320



上中 「ゐの市」クイズ
クイズに答えて上中のお好きなお店の商品券を当てよう!

上中には勝負の神様である摩利支天を祀った徳大寺があります


上中では摩利支天のお使い「イノシシ」にちなみ、
12日に一度の「亥の日」に商店街のお祭り(縁日)
「ゐの市」(いのいち)を始めます

クイズに答えて商品券をゲット!
ご利益とお得がいっぱいの「ゐの市」へ ぜひお越しください





「ゐの市」クイズ


賞  品 

抽選で応募者指定の店舗で使える商品券

3000円分を300名様プレゼント



応募期限  


令和3年3月 21日(日)24時


商店街復興イベント事業
~亥の日縁日復活~



上中 「ゐの市」クイズ
クイズに答えて上中のお好きなお店の商品券を当てよう!

上中には勝負の神様である摩利支天を祀った徳大寺があります


上中では摩利支天のお使い「イノシシ」にちなみ、
12日に一度の「亥の日」に商店街のお祭り(縁日)
「ゐの市」(いのいち)を始めます

クイズに答えて商品券をゲット!
ご利益とお得がいっぱいの「ゐの市」へ ぜひお越しください





「ゐの市」クイズ


賞  品 

抽選で応募者指定の店舗で使える商品券

3000円分を300名様プレゼント



応募期限  


令和3年3月 21日(日)24時


商店街復興イベント事業
~亥の日縁日復活~

上野の亥の日「ゐの市」

上野徳大寺に祀られている仏教の守護神である摩利支天(まりしてん)の御縁日が、 

十二支の「亥の日」であることに由来します。 

江戸時代、この「亥の日」の御縁日には界隈に露店や露店や市が立ち並び、 

上野の街を賑わしました。そして戦前までは上野亥の日縁日は、

 水天宮の戌の日縁日や神楽坂毘沙門天寅の日縁日、とげぬき地蔵縁日などと 

ならび東京では大きな縁日でしたが、 

戦後のアメ横の前身である闇市が開かれるようになってから 

警察関係の要請により亥の日縁日は中断されました。 

この亥の日「ゐの市」を現代の上野の街で再現し広く来街者に上野の商店街を 

認識してもらい、コロナウイルス渦からの復活につなげます。

上野の亥の日「ゐの市」

上野徳大寺に祀られている仏教の守護神である摩利支天(まりしてん)の御縁日が、 

十二支の「亥の日」であることに由来します。 

江戸時代、この「亥の日」の御縁日には界隈に露店や露店や市が立ち並び、 

上野の街を賑わしました。そして戦前までは上野亥の日縁日は、

 水天宮の戌の日縁日や神楽坂毘沙門天寅の日縁日、とげぬき地蔵縁日などと 

ならび東京では大きな縁日でしたが、 

戦後のアメ横の前身である闇市が開かれるようになってから 

警察関係の要請により亥の日縁日は中断されました。 

この亥の日「ゐの市」を現代の上野の街で再現し広く来街者に上野の商店街を 

認識してもらい、コロナウイルス渦からの復活につなげます。

上野ゐの市 SNS

上野ゐの市 SNS

  

Facebook

Facebook Posts

開催のご挨拶 「上野ゐの市」実行委員会を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。皆様は東京上野と聞いて、何の動物をイメージされるでしょうか。上野動物園にパンダがやって来るよりはるか昔、江戸時代の上野の街を象徴する動物はイノシシでした。その由縁は、街の中心部に位置する徳大寺に、武士の守護神である摩利支天(まりしてん)が祀られていることに関係します。日本には、丑(うし)の日や酉(とり)の日など、十二支の動物で表される日が古くから暦に伝えられています。その風習の中で、摩利支天にはイノシシが仕えることから、十二支の亥(ゐ)の日が古くより御縁日とされてきました。この摩利支天の御縁日である亥の日にあわせ、上野の商店街では新たに「上野ゐの市」を開催いたします。その前身となる、戦前まで催されていた亥の日縁日から数え、実に75年ぶりの復活となります。ゐの市加盟店では感染症予防対策をしっかりと整えた上で、いつも以上に喜んでいただけるお得なサービスや特別なお品を用意して、皆様をお待ちしております。上野散策、博物館や美術館のお帰りに、また摩利支天徳大寺へのお参りついでにでもお立ち寄りください。江戸時代から続く、上野の街の「ハレの日」である亥の日。ぜひ皆様には「上野ゐの市」でのお買い物をお楽しみいただければ幸いです。ゐの市実行委員会委員長 關 観哉#上野亥の日ゐの市#Inoichi#上野#御徒町#商店街#縁日 See MoreSee Less
View on Facebook

4 months ago

上野亥の日 ゐの市
上野の縁日「亥の日縁日」上野中通商店街振興組合、上野アメ横表通り商店外振興組、御徒町通り会が取り囲む上野四丁目の街には江戸試合の寛永年間に創建された寺院の摩利支天徳大寺があります。徳大寺は400年にわたり街と共に歴史を歩み、多くの寺社の門前町として賑わった上野の繁華街地区に現在も残る最後の寺院です。縁日の由来江戸時代の縁日というのは寺社仏閣の神様と縁を結ぶ日「結縁」の日であり、この日に参拝すると御利益があるとされています。#上野亥の日ゐの市#Inoichi#上野#御徒町#商店街#縁日 See MoreSee Less
View on Facebook

Twitter

開催のご挨拶

この #摩利支天 の御縁日である亥の日にあわせ、#上野の商店街 では新たに「上野ゐの市」を開催いたします。その前身となる、戦前まで催されていた亥の日 #縁日 から数え、実に75年ぶりの復活となります。

ぜひ皆様には「#上野ゐの市」でのお買い物をお楽しみいただければ幸いです。

Load More…

亥の日ゐの市 新着情報

亥の日ゐの市
新着情報

  

店舗紹介

店舗紹介

  

護り神のいる街 上野

護り神のいる街 上野

上野の街には 護神 摩利支天様 がいる。
摩利支天様は勝負の神様
お使いの猪とともに、江戸時代から上野の街を護ってきた
疫病退散、摩利支天様が護る街へ安心してお越しください。

メニュー

メニュー